Takashi ARAI

Takashi Arai first encountered photography while he was a university student of biology. In an effort to trace photography to its origins, he encountered daguerreotype, and after much trial and error mastered the complex technique. Arai does not see daguerreotype as a nostalgic reproduction of a classical method; instead, he has made it his own personal medium, finding it a reliable device for storing memory that is far better for recording and transmitting interactions with his subjects than modern photography.
Arai’s work has appeared in numerous exhibitions, at the Museum of Fine Arts, Boston, Mori Art Museum, the National Museum of Modern Art, Tokyo, among other international venues. In 2016, he received the 41st Kimura Ihei Award for his first monograph "MONUMENTS"(PGI, 2015). Arai is also the winner of Source-Cord Prize (2014), UK, and Photographic Society of Japan Awards: Newcomer's Award (2016).
His works are held in the collections of the San Francisco Museum of Modern Art, Tokyo Metropolitan Museum of Photography, and Musée Guimet, among others.

DLThe full-version CV (*via Scribt)

新井卓(あらい たかし)

1978年生まれ、神奈川県川崎市、岩手県遠野市を拠点に活動する。
大学時代に写真に出会った新井は、写真の原点を探るうちダゲレオタイプを知り、試行錯誤ののち同技法を習得。対象に出会った時の感覚を、時間と空間を超えて、見るものに生々しく伝えることのできる<小さなモニュメント>として、自身のメディアとしてきた。核の問題に興味を持ち始めた2010年ごろ第五福竜丸の船体や元船員に出会い、その後、福島、長崎、広島、と撮るべき対象に自然にめぐり合ってきたという。
これまで、ボストン美術館、森美術館、東京国立近代美術館ほか国内外の多くの展覧会に参加。
2014年に英国ソースコード・プライズ、2016年に第41回木村伊兵衛写真賞および日本写真協会賞新人賞を受賞した。
作品はボストン美術館、サンフランシスコ近代美術館、東京都写真美術館、ギメ美術館ほかに収蔵されている。単著に『MONUMENTS』(PGI、2015)がある。

DL詳細プロフィール(*Scribtへ移動します)