BLOG

March 7th, 2020 - Handmade Photography Today Symposium @ Davis Museum, Wellesley College

Handmade Photography Today Symposium Mar 7, 11 AM–5 PM Collins Cinema, Davis Lobby, Davis Plaza, and Galleries Free and open to the public 3月7日、マサチューセッツ州のデイヴィス美術館(ウェルズリー大学内)でシンポジウムに登壇します。19世紀の写真技法を使って活動する作家による一日がかりのセッションで、事前のやりとりですでに面白い議論になっています。無料(要予約)とのことお近くの方はぜひ。 In conjunction with the exhibition Making, Not Taking: Portrait Photography in the 19th Century, the Davis Museum presents a day-long symposium that will explore contemporary iterations of 19th-century photographic processes. From photograms to platinum prints, alternative approaches to automatic point-and-shoot and digital photography have spiked among …

3月10日、インディアナ大学で予定されていたアーティスト・トークとビルボード展が、コロナ・ウイルスの影響で延期になりました。開催日時は未定ですがおそらく秋以降になると思います。 3月7日、デイヴィス美術館で行われるシンポジウムには予定通り登壇します。 POSTPONED: Takashi Arai March 10th lecture and billboard for Center for Integrative Photographic Studies/Your Art Here Indiana University has announced the following protocol in accordance with the CDC’s recommendations for mitigating the spread of COVID-19 Coronavirus. Due to these newly announced travel restrictions, Takashi Arai’s visit has been postponed until further notice. Thank you for your continued support of arts at Indiana University and in Bloomington. _________ Indiana …

『談』no.117「因果論の戯れ」

哲学誌『談』(水曜社)117号が刊行になりました。三氏のポートレイトに加えて、グラビア・ページに「重力の虹」(デジタル&アナログカラー写真、5点組)も担当。 今号は量子論特集で、個人的には吉田伸夫さんのカルロ・ロヴェッリ論にときめきました(SFファンとして)。

Exhibition: Squaring the Circles of Confusion @ The Royal Photographic Society

I’ll join the group exhibition curated by Zelda Cheatle, and hosted by the Royal Photographic Society, Bristol, in April 2020. I’m particularly excited to show the series of Tomorrow’s History: teenagers’ portraits and interviews project, which includes three of newly taken daguerreotypes in Ishigaki in this January. Thanks to the great translator Maud Rowell, all interviews and my essay will be published in the catalogue. 来る4月よりブリストルの王立写真協会で開催されるグループ展「スクウェアリング・ザ・サークル・オブ・コンフュージョン(錯乱円の切り取り)」に参加します。キュレーションは2016年ドバイ・フォトの総合キュレーションも行ったゼルダ・シャトル女史。 私は十代のダゲレオタイプ・ポートレイトとインタビューのシリーズ「明日の歴史」から、今年1月に石垣で撮影したばかりの3点を加えた17点を、音とライティングのインスタレーションとともに展示します。横浜美術館で作品に出会ってからずっと尊敬してきたスーザン・ダージェスさん、パーディ・ヒックス・ギャラリーでお世話になったセリーヌ・ボディンさんと一緒なのが嬉しい。カタログ用にインタビューとエッセイの素晴らしい翻訳をしてくださったモード・ローウェルさんに特に感謝します。 Exhibition: Squaring the Circles of …