Kosuke Oie

プロジェクト_残丘(Zankyū)セッション #06: 尾家康介(弁護士)「〈移民大国〉JAPAN──知られざる人権問題と移民たちの現在」 Project Monadnock: Session #06 Japan as a Land of Immigrants: Today’s Foreign Residents and Hidden Human Rights Violations and Kousuke Oie / Attorney, Hiroo Park Law Firm   日本に「移民」はいない──なぜ、日本人はそう信じつづけてきたのだろうか。 しかし現実には、日本は世界第4位の移民受け入れ大国(※)であり、飲食店やコンビニエンス・ストア、農漁業、介護、建設の現場にいたるまで、新興国よりもたらされた労働力なくしては、もはや社会は立ちゆかない。 日本政府は『骨太の方針2018』で外国人労働者受入れ拡大の方針を打ち出し、2025年までにさらに50万人を受け入れるという。 一方で「現代奴隷制」とも非難される外国人技能実習制度や、入国管理局で繰り返される人権侵害──わたしたちは、移民たちと手を携え隣人として生きる準備を本当にしてきたのだろうか? 在日外国人の権利擁護のため、そのキャリアを通じて闘いつづけてきた弁護士・尾家康介氏に、現場から見た移民たちの現在を聞く。(※OECD加盟35ヵ国中) とき〉2018年9月22日(土)午後6:00-7:30  ところ〉新井卓写真事務所 横浜市営地下鉄阪東橋または京急黄金町から徒歩5〜8分 言語〉日本語 (逐次訳) 席料〉一般1,000円/20才以下・在日外国人は無料/定員25名、要予約 予約はこちらから  Date & Time: July 14 (Sat), 2018. 5:30-7:30pm Venue: Takashi Arai Studio, Yokohama Language: Japanese Admission: 1,000JPY / Free for under-20-year-olds and foreign residents in Japan Seats: 25 / Reservation required  尾家 康介(おいえ こうすけ)弁護士/広尾パーク法律事務所…