BLOG

2011年の震災後アーティストの竹田信平君と、「モニュメント」(新井)と「アンチ・モニュメント」(竹田)をめぐる対談をおよそ隔年でつづけている。 コロナ禍のため、滞在中のティファナからデュッセルドルフの自宅に帰れなくなった竹田君の提案で、ヴァーチャル対談を試みることになった。 ※発言が更新されるたびこのブログに転載していきますが、リアルタイムの対談は竹田君のフォーラムから確認ください:http://www.shinpeitakeda.com/community/main-forum/monument-anti-monument/ === 竹田 Posted : 27/03/2020 6:24 am 2020年3月11日、トランプはヨーロッパからのアメリカへの旅行を禁止。3月18日その帝国は北のカナダの国境を3月20日には南の国境を閉じる。ウイルスは容赦なく国境を超えてくる。当事者から非当事者、その境界線は常に変動していることを忘れてはいけない。時と場所により、時間と空間により、境界線は急にでき、容赦なく当事者と非当事者の間を分ける。しかしこのウイルスによって全てが犠牲者になり得る、ある意味ですべての人間がある意味で、犠牲になっているわけだ。動けない、外にでれない、今まで良いとしか思われていなかった …いわゆるMOBILITY。動けるということ。移動できるという自由が犠牲になっている。そうある意味で、当事者と非当事者の間はますます離れてきている。その境界線は、開き、アメリカでは6ft、ドイツでは1.5mから2m、メキシコでは1m以上。。。この距離はますます深く重く我々の社会に沈みこむ。N95 マスクが足りない、PEPが足りない、新しいCORONAVIRUSの専門用語が、

二つの「日誌」と「作業」について

今朝、ふたつの「日誌」が届いた。丸木美術館学芸員・岡村幸宣さん『未来へ 原爆の図丸木美術館学芸員 作業日誌2011-2016』(新宿書房、2020年)そして東京新聞記者・片山夏子さん『ふくしま原発作業員日誌 一エフの真実、9年間の記録』(朝日新聞出版、2020年)で、前者は岡村さんからご恵贈いただいたもの。 いずれも東日本大震災後のオーラルヒストリーなのだけれど、前者が岡村さん本人の日々を綴ったモノローグで

Due to the COVID-19 case in Wellesley, Handmade Photography Today Symposium (including virtual conferences) at the Wellesley Collage was canceled. 明日3月7日ウェレズリー大学のシンポジウムは、市内のパブリックスクールで感染者が出たことからスカイプ会議も含め、全てキャンセルになりました。

BOMB #150: Portfolio by Takashi Arai & Jacob Kirkegaard

Along with my dear friend Jacob Kirkegaard, a renowned sound artist, I contributed some images from my projects to BOMB magazine! BOMBマガジン150号で、ヤコブ・キルケゴールの作品とともに拙作が特集されました。ヤコブは森美術館の紹介で2013年に出会っていらいの無二の親友であり、最も尊敬するアーティストの一人。現在制作中の新作は彼との協働になる予定です。 https://bombmagazine.org/articles/takashi-arai-and-jacob-kirkegaard/

I regret to announce that my visit to Indiana University and the Davis Museum at Wellesley Collage were canceled, due to the current outbreak of coronavirus disease. I’m still give a presentation and attend the conference at the Davis Museum via Skype on March 7 at 3pm (EST), but the talk and billboard exhibition in Bloomington is postponed until further notice. 3月10日に予定されていたインディアナ大学でのトークおよびブルーミントン市街のビルボード展は、日本/アメリカ国内における新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期になりました。開催時期は未定、おそらく来年前半になりそうです。 なお3月7日、ウェルズリー大学内デイヴィス美術館で開催されるシンポジウムについては、スカイプを使用して日本から発表を行い、ディスカッションに参加します。 非常に残念なお知らせですが事態の収束まで、皆様どうかお気をつけてお過ごしください。