Announcement

IMAGO: Takashi Arai (Aug 30 - Oct 18, 2019 at PGI, Tokyo)

IMAGO: Takashi Arai Aug 30 (Reception 18:00) – Oct 18, 2019 PGI, Tokyo *Sept 20 (Fri): “Oshira Kagami” Film Screening *Sept 21 (Sat): “Oshira Kagami” Film Screening + Artist’s Talk with Models https://www.pgi.ac   新井卓「イマーゴー」展 2019/8/30 (オープニング午後6時) – 10/18 PGI, 東京 *9/20(金)夜『オシラ鏡』上映会 *9/21(土)午後『オシラ鏡』上映会 + トーク(撮影当時のティーンエイジャーたちと) https://www.pgi.ac   Takashi Arai is one of the few artists working with the daguerreotype today, the world’s first widely available photographic process. This exhibition, entitled …

GRAYS, SEEING [3 Persons' Exhibition]

GRAYS, SEEING 新井卓+橋本雅也+藤井健司 新井卓事務所は今夏、移転します。お世話になったみなさまへ、感謝と新しい門出の挨拶にかえて、三人の作家による新作展を開催します。 会期: 2019年6月1─9日 / June 1─9, 2019 時間: 土日 Sat/Sun 11:00─19:00 / 月─金 Weekdays 15:00─19:00 場所: 新井卓事務所 横浜市南区高砂町1-3-4-1F 見ている、灰色を── 白と認識し、黒と認識し 或いは、ゆっくりと深く沈めて 呼吸は波となり、 輪郭が潮に解けるのを待つ 灰色のあわい、霧のまにまに 形あるものたちの眠り 早朝に西に沈む太陽、明瞭な軌跡 星々の運行と共にして 草木は時を知る 石なる時間のあす、人ならぬ 目を瞑る花々の昨日   橋本雅也(はしもとまさや) 1978年岐阜県生まれ。独学で彫刻を学ぶ。主な個展に「殻のない種」(ロンドンギャラリー/東京/2012年)、「間なるもの」(金沢21世紀美術館デザインギャラリー/2014年)、グループ展に「生きとし生けるもの」(ヴァンジ彫刻庭園美術館/静岡県/2016年)、「物語る物質」(高松市美術館/2017年)「5 rooms─けはいの純度─」(神奈川県民ホールギャラリー/2018)など。 藤井健司(ふじいけんじ) 横浜、バンクーバー(カナダ)拠点。 10歳より水墨画を描き始める。 20代は、もっぱら野外での写生に専念する。 30歳前後、韓国雪嶽山での厳冬期の体験をきっかけに、写生から少しずつ離れる。やがてそれは、心の景色を捉える「心景」となる。 2018年、カナダで濃霧のウィスラー山に登る。 以降、「無」を描いている。 新井卓(あらいたかし) 1978年川崎市生まれ。現在、神奈川県横浜市、川崎市、岩手県遠野市を拠点に活動する。 黎明期の写真技法・ダゲレオタイプ(銀板写真)によるシリーズ、映像制作、執筆ほか多岐にわたる活動を展開。2016年に第41回木村伊兵衛写真賞、2018年映像詩『オシラ鏡』で第72回サレルノ国際映画祭短編映画部門最高賞など。東京国立近代美術館、スミソニアン博物館、ギメ美術館ほか多数の美術館に作品収蔵。単著に『MONUMENTS』(PGI、2015)などがある。

Apocalypse: Then and Now

Apocalypse: Then and Now Curated by Dr. Thalia Vrachopoulos February 13, 2019 – April 5, 2019 Opening Reception: February 13, 2019, 5:30 – 8:00 PM The Anya and Andrew Shiva Gallery, John Jay College of Criminal Justice 860 11th Avenue, New York, NY 10019 Following text is quoted from the official press release: The exhibition “Apocalypse: Then and Now” reflects sinister omens for the future as seen in our daily life and …

Project Monadnock – Session #08: Document Scotland – An introduction to Scottish Documentary Photography Jeremy Sutton-Hibbert / Photographer, Founder of Document Scotland   Jeremy Sutton-Hibbert will introduce a few of the main projects form his 28 year career as a freelance photojournalist. This will feature his work from Sintesti, Romania, where he documented over many years the lives of the Roma; his environmental work for Greenpeace International including his images …

プロジェクト_残丘 セッション#08: ジェレミー・サットン=ヒバート「Document Scotland -  スコットランド・ドキュメンタリー写真への誘い」

プロジェクト_残丘(Zankyū)セッション #08: ジェレミー・サットン=ヒバート(写真家,写真集団ドキュメント・スコットランド創始者) 「Document Scotland – スコットランド・ドキュメンタリー写真への誘(いざな)い」   〈プロジェクト_残丘〉第9回, 2019年第一弾はスコットランド在住の写真家・ジェレミー・サットン=ヒバートをゲストに迎え, 28年の活動歴で蓄積された主要プロジェクトのほか, 写真集団ドキュメント・スコットランドの活動について, さらには, ドキュメンタリー写真発祥の地である当地の写真史と「今」について共有する. ルーマニアのロマの人々の生活を長年記録しつづけたシリーズ「Sintesti」, 環境NGOグリーンピースの委嘱で日本の調査捕鯨団を追ったルポルタージュ, 2年間にわたり「コモン・ライディング」と呼ばれるスコットランド国境の風習を記録したポートレイトとルポルタージュのシリーズなど──今回紹介されるサットン=ヒバートによるプロジェクトのいくつかは, 2019年にイギリスおよびアメリカで発表予定の作品を含む. 写真集団ドキュメント・スコットランドは, 2012年3人の仲間とともにサットン=ヒバートが結成したグループで, 近年スコットランド内外で大きな注目を呼んでいる. 同グループが2019年1月, マーティン・パー財団(イングランド)で開催する展覧会について, また彼らの目指す写真について, 最新の動向を聞く.

Sharing Memories on Micro-Monuments: Photographs as Image-Objects and New Narratives for the Atomic Age presented by Takashi Arai, Visual Artist/Visiting Researcher, National Museum of Ethnology, Japan Lakeland University Shinjuku Campus Wednesday, June 27th at 7:00 PM Since the March 11, 2011 killed more than 19,000 and created nuclear catastrophe, Takashi Arai has been contemplating monuments as a means of conveying collective memory. This lecture will elucidate how historical and contemporary …

2018年2月7日:バンカートスクール 「写真について」

2月7日、午後7:30〜横浜BankArtの連続講座「写真について」第一回で講師を担当します。 事前申込みが必要ですが、ご興味のある方はぜひご参加ください。 チラシPDF school2018_2_3 お申し込み・お問い合わせ: BankARTスクール事務局 school@bankart1929.com TEL 045-663-2812 FAX 045-663-2813 BankART Studio NYK 〒 231-0002 横浜市中区海岸通 3-9

[Project Monadnock Presents] MONUMENT X ANTI-MONUMENT: Shinpei Takeda vs Takashi Arai

プロジェクト_残丘(Zankyū)セッション #00:  モニュメント×反・モニュメント──竹田信平 vs 新井卓 2010年6月10日午後5時より、横浜市南区の新井卓写真事務所にて、メキシコ・ティファナ、ドイツ・デュッセルドルフ在住のアーティスト、竹田信平を迎え新作映画のスクリーニングと対談を行います。 竹田信平の新作パンク・ミュージカル映画『ゴースト・マグネット・ローチ・モーテル』は本邦初公開! モニュメント/アンチ・モニュメント、そして核の記憶を巡る竹田と新井の対決は、2014年のメキシコ大使館、2015年の第五福竜丸展示館につづき、今回が3回目となります。

Japan Society Gallery in New York will present IN THE WAKE: Japanese Photographers Respond to 3/11 opening on Friday, March 11, 2016, five years to the day since an enormous earthquake and tsunami struck northeast Japan, devastating coastal regions and setting off nuclear power plant failure. On view through June 12, 2016, the exhibition is the centerpiece of an institution-wide observance of what was the most widely photographed catastrophe in …

I delightfully announce I just received the 41st Kimura Ihei Award, for my first monograph MONUMENTS (PGI, 2015)! I wish to express my warmest thanks to my friends and everyone who have been continuously supported and encouraged me. Facing current retrogression of the freedom of expression in Japan, I continue working harder than before together with my dearest friends, in search of a new language of art, for our contemporaries …