Publicity

『現代詩手帖』表紙+エッセイ連載中

このところ更新が滞っていますが、月刊『現代詩手帖』(思潮社)にて表紙作品とエッセイ「陽の光あるうちに」昨年につづき今年も連載を継続しています。 編集長の藤井一乃さん、グラフィック・デザイナーの清岡秀哉さんのチームで、はや2年半がすぎました。 9月号は金時鐘特集、そして上野千鶴子さんのインタビューなど。ぜひ、読んでください。 http://www.shichosha.co.jp/gendaishitecho/      

原爆の図丸木美術館学芸員の岡村幸宣さんが発行する同人誌『小さな雑誌』第90号が届きました。 私の連載「百の太陽を探して」通算22回目は、2015年に海上から福島第一原発を撮影したときのこと、第三話完結編です。 現在、執筆陣の半数が岡村家の人々という素敵な雑誌です。購読希望は下記岡村さんホームページがらご本人まで。 丸木美術館学芸員日誌

今年1月から表紙イメージとエッセイを連載中の『現代詩手帖』8月号が発売されました。 今月の拙稿「陽の光あるうちに」は飯舘村のヤマユリについて。 一年間の連載ももう三分の二に差しかかりました。早いものです。 詳細/注文はこちら

Camera Austria International 133 | 2016 Book Review “Shigeo Gocho 1946-1983” (2004, K.K.Kyodo News, Tokyo) Takashi Arai “Behind the surface layer of dispersed things in daily life, occasionally, the incomprehensible shadows of human existence flit through.” Shigeo Gocho [Nippon Camera, February Issue, 1980.] Shigeo Gocho was born in 1946, just a year after Japan’s surrender and the end of WW2. Behind the high fame of his contemporaries, such as Daido …